2013年08月09日

数年後にありがたいと思った意外な出産祝い、2歳児のブランド服

投稿者: 出産祝いでもらって嬉しいギフトの品

第一子を出産した時のことです両家とも初孫だったので、いろいろな方々から出産祝いをいただきました。

お洋服、ベビーリング、ベビーカーその他もろもろと、第一子だったので何がなんだかわからない状態で、そんな中に、高校時代の先輩から出産後3か月くらい経ってから出産祝いが届きました。

箱の中身は、3か月の我が子にはどれも大きな90〜100センチの子供服でした。

先輩にお礼の電話をすると「後々は質より量になっちゃうからネ」と、当時は意味がわからず聞き流して、箱のまま押入れの中でしまったままでいました。

息子も2歳を過ぎた頃です。

出産当初にいただいた洋服のサイズも合わなくり、毎日外遊びをし行動範囲も広がり、汚れるは、汗でびしょびしょになるは、で何枚あっても足りない時期でした。

この頃になると、息子の洋服はバーゲンで安いものばかり購入していました。

箱のまま押入れにあった出産祝いは、やんちゃになった息子には、もったいないくらいのブランドのTシャツやズボンで、ブランドショップでみると、少し違ってはいますが¥5000〜7000くらいしていまいた。

とても自分たちで購入する品ではありませんでした、それがとても嬉しくありがたかったんです。ちょっとしたお出かけ用の洋服になり帰省するときなどに重宝しました。

さすが先輩ママと感謝し私もそれ以来出産祝いはこれと決めています。

通常、出産祝いでもらうお洋服の次のサイズのブランド服は、なかなかいただくこともなく、自分たちで何枚も購入すものでもないので、なかなか喜ばれるお祝いのようです。